RC構造用サッシ取り付け部材「CS.N工法」発売 — 溶接不要でサッシ施工の省力化を実現 —

野原産業エンジニアリング株式会社(本社:東京都新宿区新宿1-1-11、社長:淺野浩司)は三協立山株式会社(本社:富山県高岡市早川70、社長:山下清胤)・三協アルミ社(社長:蒲原彰三)との共同開発で、RC構造に非木造用サッシを溶接なしで取り付けることが可能な「CS.N工法」を発売します。溶接時の火花飛散などの危険がないため安全性が高く、工期短縮にもつながります。

※三協立山株式会社が1998年に発表した、溶接せずに接着剤を使用して取り付ける「C.S工法」に、さらなる施工方法の改善・改良を加えて誕生したのが今回の「CS.N工法」です。

CS.N01

 

 

 

 

 

 

 

 

【特長】

1.高い安全性

溶接時の火花飛散がないため、現場がクリーンで安全性が高い工法です。鉄筋準備・溶接・電源・埋め込みアンカーなどがすべて不要で、火災の心配もありません。

safety

2.工期短縮

CS.N工法では、溶接工法で必要となる消火器・バケツ、火花養生の準備と片付けが削減され、安全な作業と工期短縮を実現します。

constructionPeriod

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 各工法の比較

Comparison

 

 

 

 

 

【仕様】

spec

 

 

 

 

【発売日】

 平成27年12月10日

【お問い合わせ】 

 野原産業エンジニアリング株式会社   ▶お問い合わせ  電話:03-3357-3141

 

      CS.N工法についてのNews ReleaseのPDFはこちらからご覧いただけます。